« 米国債券格下げ | Main | G8緊急会談の意義 »

August 07, 2011

米国信用不安と円高

米国債の格付けがどうとかこうとか。。。

金曜日のNYクローズ前にはすでに米国債の格下げについてのニュースは流れていて
実は反応は薄かった。それだけ、ニュース性がなかったともいえますね。

巷間の論評を総合すると
・日本の介入は単独介入で、米国、欧州ともに賛成していないことを表明している
・米国はなんだかんだでと通貨、株式、債券のトリプル安のリスクを抱えていて、介入はそのリスクを先送りしているものだ
・結果として再度円高になり、ちかぢか70円台前半に突入するのでは

こんな感じでしょうか。。。

実のところ、本当はぼくもほぼ同じ予想をしていたのですが。。。
ぼくのシナリオはシンプルで、日本経済が立ち直れないほどの円高にいったん突っ込んで、
そのあと円は急落。というシナリオ。
水準的には円は60円台まで急騰すると予想していたわけです。

しかし、ここまで多くの人が円高予想だとちょっと引くなぁ。
下がりきれないんじゃないかと思うの(つД`)

あしたは急落したところを逆に拾うような形かなぁ。ちょっと怖いけど (´・ω・`)

« 米国債券格下げ | Main | G8緊急会談の意義 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88058/52419159

Listed below are links to weblogs that reference 米国信用不安と円高:

« 米国債券格下げ | Main | G8緊急会談の意義 »

October 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
My Photo
無料ブログはココログ

Recent Trackbacks