« EURUSDの下げ | Main | 欧米の認識と日本の認識 »

August 17, 2011

ドル円の三角持合い。どっちに放たれるかな。

ドル円の様子ですが。

先週の日銀による介入後76.40まで円高水準まで一気に戻したあと、そのあと抜けきれずに
77.20までもどしましたが、その後は三角持合いで、レンジが狭くなってきましたね。
いまのドル円時間足チャートだと安値76.70高値76.90ぐらいの狭いレンジになっているように見えます。

この1週間は「
76.30抜けて円高へ行くには介入が怖くて行けないし、
かといって円安に振れるには他に行く通貨がないです。」
みたいな持合いが継続していますが、このままじゃ身動きがとれませんな。

一気に60円台までスパイクすればその後円安に一気に戻れるかもよっ。
・・・スイスフランみたいに。ね。。。

« EURUSDの下げ | Main | 欧米の認識と日本の認識 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88058/52496296

Listed below are links to weblogs that reference ドル円の三角持合い。どっちに放たれるかな。:

« EURUSDの下げ | Main | 欧米の認識と日本の認識 »

October 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
My Photo
無料ブログはココログ

Recent Trackbacks